閉じる

確認

マイプランに追加されました。マイプランを見ますか?

旧今井染物屋

きゅういまいそめものや

旧今井染物屋は、江戸時代末期に建てられた高田を代表する町家建築であり、高田に現存している最古の町家建築の一つです。
 建物の特徴としては、棟が低く、屋根の傾斜が緩やかなところが建設当時の町家の形態をよく表しており、雁木の形式は、古い形式の「造り込み式」となっています。
 建築当初の形態をよく残している建物で、染物屋だった頃の様子がわかる貴重な建物とされています。
 建物の保存と更なる利活用を図るため実施した耐震改修工事が完了し、バテンレースを基軸とした常設工房を設置するとともに、地域文化の継承と発信の拠点として令和3年4月29日(木曜日・祝日)に開館しました。
市指定文化財(令和元年8月)

エリア
  • 高田エリア
カテゴリ
  • 歴史的建造物

基本情報

名称
旧今井染物屋
住所
〒943-0833 新潟県上越市大町5丁目5番7号
交通アクセス(電車)
えちごトキめき鉄道・妙高はねうまライン「高田駅」から徒歩10分
交通アクセス(路線バス)
頸城バス「本町六丁目」下車徒歩5分
交通アクセス(車)
北陸自動車道「上越IC]から15分
上信越自動車道「上越高田IC」から15分
電話番号
025-520-9788
電話対応可能時間:開館時間内
FAX番号
025-520-9788
営業・開館時間
10:00~17:00
一般的な滞在時間
30分
休業日
月曜日(休日にあたるときはその翌日)、休日の翌日、年末年始(12月29日から翌年1月3日まで)
料金
入館無料
駐車場
無料、19台(うち1台は身体障害者専用)
設備等
公衆無線LAN(Wi-Fi)アクセスポイントあり
外部リンク

このスポットを含むおすすめコース