> 謙信公祭 > 上杉謙信公とは?

上杉謙信公とは?

知略に富み、義を重んじた戦国武将・上杉謙信公。その人柄やエピソードをご紹介します。

上杉謙信公は、越後守護代であった長尾為景の末子として誕生。幼名を虎千代と名乗る。天文5(1536)年に為景病死のため、家督は兄の晴景が継ぎ、虎千代は春日山城下の林泉寺に入り7~14歳の青年期を過ごす。謙信公の、戦国武将としては珍しい深い学識、厚い仏心はこの時代に培われたといわれる。その後、元服し長尾景虎と名乗り、病弱だった兄に代わって家督を継いで越後守護代となった。

謙信公の戦歴は、元服をした天文12(1543)年に始まる。以降、武田晴信(信玄)や北条氏康、織田信長といった戦国時代の名将と戦を重ねるが、その戦いは欲によるものではなく、義を重んじ出兵したものだったといわれている。武田晴信に領地を奪われた村上義清・高梨政頼らを助けるために出陣し、5回に渡り戦った川中島の合戦は特に有名。しかし、敵対していた武田晴信が今川氏真によって塩を断たれた際、今川の行為を批判し、武田に塩を送ったエピソードは有名。これを、江戸時代の陽明学者・頼山陽が讃えて「敵に塩を送る」という故事が生まれたといわれている。

謙信公の旗印「毘」の文字は、自らを生まれ変わりと信じ、厚く信仰していた毘沙門天からとったもの。総攻撃の際に本営に掲げられた「懸り乱れ龍の旗」から、越後の龍とも呼ばれた。また戦に長ける反面、和歌にも通じ、達筆であったといわれる。内政や外交にも才を発揮し、青苧(衣類の原料となる植物)を栽培し、日本海を通じて全国へ広め、それを財源にしていた。天正6(1578)年、享年49歳で人生の幕を閉じるが、その生涯は戦の連続だった。妻を持たず生涯未婚を貫くなど、戦国武将としては異色の人物であったといえる。

参考図書:花ヶ前盛明「上杉謙信」