閉じる

確認

マイプランに追加されました。マイプランを見ますか?

カテゴリ史跡

直峰城跡

01
01
01
01
01
01

直峰城は、南北朝時代(1335年~1392年)、南朝方の雄将・風間信濃守信昭公(かざましなののかみのぶあきこう)の居城でした。中世の典型的な山城で、標高344m、自然の地形を巧みに利用して作られた堅固なものです。
上杉謙信公の時代には、春日山城から関東へ抜ける要衡であり、直江兼続(なおえかねつぐ)の実父の樋口惣右衛門兼豊(ひぐちそうえもんかねとよ)も城主を務めました。
直峰城は、徳川時代になり、廃城となりましたが、今も大規模な空堀・曲輪の跡、2kmに及ぶ敷石の道(旧三国街道)などが残り、樹齢800年といわれている大ケヤキが歴史の流れを伝えています。

詳細情報

名称 直峰城跡
住 所 新潟県上越市安塚区安塚
交通アクセス(電車) 北越急行・ほくほく線「虫川大杉駅」よりタクシーで20分
交通アクセス(車) 北陸自動車道「上越IC」より直峰城跡駐車場まで45分
北陸自動車道「柿崎IC」より直峰城跡駐車場まで45分
関越自動車道「六日町IC」より直峰城跡駐車場まで85分
TEL 025-592-2003
安塚区総合事務所
営業時間 降雪期(12月~翌年4月下旬)は、進入できません。
一般的な滞在時間 駐車場から本丸跡(山頂)まで徒歩で約15分です。
料金 無料
駐車場 20台(無料)
外部リンク 直峰城跡
設備等 トイレあり

このスポットの場所