高田城三重櫓

1・2階は展示室になっており、高田城などに関連する展示を行い、3階は展望室になっています。
詳しくはこちら

住所

上越市本城町6-1(観桜会会場内)

開館時間

9:00~19:00
※上記は観桜会期間中の時間です。通常時の開館時間は異なりますのでご注意ください。

入館料

区分
個人
団体
一般310円160円
高校生160円80円
小・中学生(市外)160円80円
  • 団体料金は20名以上の場合、1名についての料金です。
  • 市内の学校に通う小学生・中学生は無料です。


上越市立歴史博物館

上越市には、かつて越後国の政治・経済の中心であった越後国府が置かれ、「越後の都」として栄えました。
戦国時代、春日山城が築かれ、やがて福島城、高田城へと城は移っていきましたが、「越後の都」の地位もまた福島城、高田城へと引き継がれていったのです。
歴史博物館の常設展示では、この「越後の都」を中心に据え、地域の産業や文化、雪国のくらしを紹介しています。
詳しくはこちら

住所

上越市本城町7-7(観桜会会場内)

開館時間

9:00~19:00
※上記は観桜会期間中の時間です。通常時の開館時間は異なりますのでご注意ください。

入館料

区分
個人
団体
一般510円410円
高校生260円210円
小・中学生(市外)260円210円
  • 団体料金は20名以上の場合、1名についての料金です。
  • 市内の学校に通う小学生・中学生は無料です。
  • 特別展はその都度料金を定めます。
  • 1階ラウンジと屋上展望デッキは無料でご利用いただけます。


小林古径記念美術館

上越市出身の日本画家・小林古径の作品と上越市ゆかりの美術作家の作品が展示されています。敷地内には東京都大田区南馬込から移築復原した小林古径邸(国の登録有形文化財)と、再現された古径の画室があります。
観桜会期間中は、上越市出身の洋画家・富岡惣一郎の生誕100年を記念し、初期から晩年に至るまでの画業を辿る展覧会を開催しています。
詳しくはこちら

住所

上越市本城町7-1(観桜会会場内)

開館時間

9:00~19:00
※上記は観桜会期間中の時間です。通常時の開館時間は異なりますのでご注意ください。

入館料

区分
個人
団体
一般510円410円
高校生260円210円
小・中学生(市外)260円210円
  • 団体料金は20名以上の場合、1名についての料金です。
  • 市内の学校に通う小学生・中学生は無料です。
  • 特別入館料はそのつど定めます。


5館共通入館券

上越市内の歴史・文化に関連する5つの公共施設を巡るお得な共通入館券です。対象の施設で販売しています。
詳しくはこちら

対象施設

販売価格

区分
価格
一般1,000円
高校生500円
小・中学生(市外)450円
  • 市内の小学生・中学生は、日本スキー発祥記念館を除いて入館無料です。


朝市

朝市は、100年以上の歴史がある露店市場です。
朝市には、野菜や果物、魚のほか、雑貨やパン、キッチンカー、ヘッドスパなど、いろいろな店が出店しています!
詳しくはこちら

開設日時・場所

市場名
開設場所
開設日
開設時間
二・七の市上越市大町 3丁目3月27日(日)、4月2日(土)、7日(木)
※2と7の付く日
8:00~正午ごろまで
四・九の市上越市大町 4丁目3月29日(火)、4月4日(月)、9日(土)
※4と9の付く日
8:00~正午ごろまで

※天候等により開設時間が異なります。


旧金津憲太郎桶店一般公開

 旧金津憲太郎桶店は、江戸時代末期に建てられた町家で、桶職人の仕事場や土間のかまどをはじめ、懐かしい暮らしの道具がたくさん残っています。通常は公開していませんが、観桜会期間に合わせて一般公開します。
詳しくはこちら

住所

上越市仲町4-6-7

一般公開期間

3月26日(土)~4月10日(日)
 10:00~16:00


城下町高田まち歩きガイドブック

城下町高田の成り立ちをはじめ、高田地区に点在する歴史的建造物や観光スポットなどを紹介しています。ガイドブックを片手に城下町高田の魅力を新発見・再発見しながら、まち歩きをお楽しみください。
詳しくはこちら

販売場所

  • 上越市立歴史博物館
  • 高田城三重櫓
  • 小林古径記念美術館 ほか

販売価格

100円