> 上越市内の山城・城跡特集

上越市内の山城・城跡特集

上越に数多くある山城を楽しもう

上杉謙信公のふるさと・新潟県上越市には、謙信公ゆかりの史跡・寺社などが数多く残っています。
その中でも謙信公の居城として知られる春日山はきわめて大きな規模を誇り、日本を代表する山城と言えます。春日山城のほかにも、この地域には、中世の立派な山城が数多くあります。
ここではその魅力や楽しみ方を紹介します。

山城とは

山城は、山岳丘陵の起伏が激しい自然地形を利用し築かれた城です。
「城」というと、大きな天守閣と水の張ったお堀をイメージしがちですが、これは近世のお城です。
上杉謙信公が活躍した中世のお城は、この山城が一般的でした。
山城には近世の城のような立派な天守や大掛かりな石垣などは見られませんが、自然地形をうまく利用し、敵の侵入を防ぐ堀や土塁などが築かれました。

山城跡の遺構について

山城跡には、現在も、空堀(からぼり・尾根を掘って作る人工的な凹地)や土塁(どるい・土を盛って作った障壁)などの遺構がはっきりと残っています。山城跡の最大の見どころはこの遺構です。
(特に春日山城跡はこの遺構がよく確認できます。)
そこでここでは主な遺構を紹介します。城跡に点在する遺構を巡ることで、当時に思いを馳せてみては。

堀・堀切
  • 堀・堀切 堀・堀切 敵の侵入を防ぐために地面を掘削した。水を張らない空堀が多く見られる。
    (写真:春日山城跡千貫門付近の空堀)
  • 郭(曲輪) 郭(曲輪) 城内の区画で建造物があったと考えられる削平地。
    (写真:春日山城跡柿崎屋敷跡)
  • 土塁 土塁 敵の侵入を防ぐための堤防状の土盛り
    (写真:春日山城跡米蔵阯)
  • 虎口 虎口 防御の要となる城や廓(曲輪)への出入り口
    (写真:春日山城跡)

遺構のほかにも、本丸からのロケーションはもちろん、季節によって花や紅葉など様々な魅力があります。
自分なりの楽しみ方を見つけてみてはいかがでしょうか。

市内の山城・城跡 ※季節や整備状況によっては登頂できない場合があります。

  • 春日山城跡 春日山城跡
  • 大間城跡(三和区) 大間城跡(三和区)
  • 京ヶ岳城跡(清里区) 京ヶ岳城跡(清里区)
  • 雁金城跡(頸城区) 雁金城跡(頸城区)
  • 箕冠城跡(板倉区) 箕冠城跡(板倉区)
  • 長峰城跡(吉川区) 長峰城跡(吉川区)
  • 直峰城跡(安塚区) 直峰城跡(安塚区)
  • 顕法寺城跡(吉川区) 顕法寺城跡(吉川区)
  • 茶臼山城跡公園(頸城区) 茶臼山城跡公園(頸城区)
  • 虫川城跡公園(浦川原区) 虫川城跡公園(浦川原区)
  • 岩手城跡(柿崎区) 岩手城跡(柿崎区)
  • 柿崎城跡(柿崎区) 柿崎城跡(柿崎区)
  • 高田城址公園 高田城址公園
  • 福島城資料館 福島城資料館

狼煙上げ

8月下旬に開催される、戦国時代の名将・上杉謙信公の武勇と遺徳を讃え偲ぶ祭りである
「謙信公祭」では、その開始を告げる「狼煙(のろし)」が上越市内の山城跡で一斉に上がります。
謙信公ゆかりの山城跡から上がる「狼煙」をご覧いただき、当時に思いを馳せてみてください。
第95回謙信公祭の狼煙上げ参加団体はこちら