閉じる

確認

マイプランに追加されました。マイプランを見ますか?

> スポット > 日本スキー発祥記念館

日本スキー発祥記念館

施設外観
01

施設外観

ウェルカムゾーン
01

ウェルカムゾーン

ウェルカムゾーン
01

ウェルカムゾーン

交流ゾーン
01

交流ゾーン

記念ゾーン
01

記念ゾーン

明治44年(1911年)1月12日、当時のオーストリア・ハンガリー帝国の軍人テオドール・エドラー・フォン・レルヒ少佐が、ここ上越市において日本で初めてスキーの指導を行いました。これが日本のスキーの始まりです。
レルヒ少佐は日本の軍事視察を目的として来日し、1年余りを高田で過ごしました。この間、陸軍第13師団の長岡外史師団長ら良き理解者に恵まれ、スキーの指導にも熱心に力を注ぎました。
今日のスポーツ・レジャーとしてのスキーの隆盛を見るとき、レルヒ少佐を始め当時情熱的にスキーの普及に努めた人々の先見性は、大いに称えられるべきでしょう。
この記念館はスキー発祥80周年を記念して建設され、平成4年4月にオープンしました。さらに、長野オリンピック冬季競技大会の開催に向け、日本のスキー発祥の地「上越市」を全国にアピールするため、増築工事を行い、併せて展示内容の充実を図り、平成9年2月に新装オープンしました。
当記念館は、スキーが伝わった当時の貴重な資料やレルヒ少佐の遺品などを展示し、上越はもとより、県外からも多くの皆さんが訪れています。また、全国からスキー用具や関係資料を寄贈いただき、レルヒ愛用の品もご遺族のご厚意により多数寄贈いただくなど、収蔵品の充実も図られました。

詳細情報

名称 日本スキー発祥記念館
住 所 新潟県上越市大貫 2丁目18番37号
交通アクセス(電車) JR・北陸新幹線「上越妙高駅」よりタクシー、レンタカーで15分
トキ鉄・妙高はねうまライン「高田駅」よりタクシーで10分
交通アクセス(路線バス) 頸城バス「ヨーデル金谷前」下車徒歩10分
交通アクセス(車) 北陸自動車道「上越IC」より20分
上信越自動車道「上越高田IC」より10分
TEL 025-523-3766
電話対応可能時間:開館時間内
営業時間 9:00~17:00
最終入館は16:30まで
一般的な滞在時間 60分
休業日 毎週月曜日
月曜日が休日のときは翌日、休日の翌日、12月29日~1月3日まで
夏休み期間中は無休、その他臨時休館あり
料金 一般450円(団体20人以上の場合は1人につき300円)
小・中高生150円(団体20人以上の場合は1人につき90円)
駐車場 46台(無料、大型バス可)
 ※金谷山公園駐車場
外部リンク 日本スキー発祥記念館

このスポットの場所