> テーマから選ぶ上越旅

テーマから選ぶ上越旅

  • 上杉謙信公は享禄3(1530)年、越後守護代であった長尾為景の末子として誕生しました(幼名「虎千代」)。 天文5(1536)年に為景が病死したため兄の晴景が家…

    詳細はこちら

  • 浄土真宗の開祖・親鸞聖人が承元の念仏弾圧(1207年)で越後国府に御流罪となったのは、今から800年前のこと。この地で聖人は、罪を許されるまでの4年、さらに…

    詳細はこちら

  • 慶長19年(1614年)の高田城築城とともに造られた城下町高田。 平成26年(2014年)に開府400年を迎えたこの地には、今も城下町の風情を残す町家と、総延長16km…

    詳細はこちら

  • 明治維新から始まった日本近代。文明開化や産業革命、二つの世界大戦を経験した激動の時代にあって、上越市にも自ら信じる道のため、また郷土の発展のため、幾…

    詳細はこちら

  • 歴史と自然に出会うまち、上越市。 地域のうまいもんを作る「食文化体験」、ふるさとの自然と人に触れる「農山漁村体験」、こころとからだで感じる「自然アウ…

    詳細はこちら

  • 「その土地のことを知りたければ、まず市場を訪ねるといい」と言います。 上越には、4つの伝統ある朝市があり、人情味あふれる市民の台所として多くの方に親し…

    詳細はこちら

  • 上越市内の直売所をご紹介します。 新鮮で栄養豊富な農産物をはじめとした、生産者自慢の品々が目白押し。 「生産者の顔が見える」直売所で、上越の旬の味を…

    詳細はこちら

  • 旅の途中で見つける道の駅。 上越市には「うみてらす名立」、「よしかわ杜氏の郷」、「雪のふるさとやすづか」の3つの道の駅があり、おいしい海・おいしい水・…

    詳細はこちら

  • 上越市には、県下最多を誇る文化財が存在しています。 これは、上越市が古くから越後国の国都として繁栄してきたことを如実に示すものといえます。 先人の努…

    詳細はこちら

  • 澄んだ水ときれいな空気・美しい自然が、訪れる人々にやすらぎを与え、可憐な花は笑顔を分けてくれます。 「じょんのび」とは、“ゆったりくつろぐさま”を意味…

    詳細はこちら