閉じる

確認

マイプランに追加されました。マイプランを見ますか?

> スポット > 旧直江津銀行
カテゴリ歴史的建造物

旧直江津銀行

明治28年9月、旧直江津銀行は資本金10万円で「直江津積塵(せきじん)銀行」の名称で貯蓄銀行として発足しました。
大正7年頃、銀行の建物は海運業 高橋達太が同銀行の代表取締役・芳澤襄良(元外務大臣 芳澤謙吉の父)から購入し、現在は中央3丁目に移築されて、高達回漕店の社屋として、近年まで使用されていました。
今に残る建物の外観は変則五角形で3つの小屋根を有し、外壁には白タイルが張られています。建物の周囲には赤レンガを巡らした大きな防火壁が立てられ、内部には銀行当時の大金庫、木製カウンター、ドイツ製天井扇風機、時計がそのままに残されています。
さらに、建物の前には迫力に満ちたライオン像が置かれていますが、これは高橋達太の要請により、柏崎市の小川由廣が東京三越前のライオン像をまねて制作したものです。

詳細情報

名称 旧直江津銀行
住 所 新潟県上越市中央 3丁目7番31号
交通アクセス(電車) トキ鉄・妙高はねうまライン「直江津駅」より徒歩15分
交通アクセス(路線バス) 頸城バス「中央2丁目」下車徒歩5分
交通アクセス(車) 北陸自動車道「上越IC」より10分
上信越自動車道「上越高田IC」より15分
TEL 025-526-6903
問合せ先:上越市文化振興課
電話対応可能時間:8:30~17:15(土・日・祝日及び12月29日~1月3日は除く)
FAX 025-526-6904
営業時間 9:00~13:00
平成29年5月13日から平成29年11月23日までの三八朝市開催日等の土・日・祝日(全21日)

平成29年5月13日・28日、6月3日・18日、7月8日・18日・23日・27日・28日・29日、8月13日・18日・20日、9月3日・18日・23日、10月8日・28日、11月3日・18日・23日
一般的な滞在時間 30分
休業日 臨時公開可能。希望日3日前までに上越市文化振興課(025-526-6903)へご連絡ください。
料金 無料
駐車場 無料、170台
船見公園駐車場をご利用ください。
開放日時:4月1日~11月30日 7時00分~22時00分
外部リンク 旧直江津銀行
設備等 無料Wi-Fi:なし

このスポットの場所

このページをシェアする

Share