> 北前船 > 北前船とは

北前船とは

北前船とは、江戸時代から明治時代にかけて、北海道・東北・北陸の日本海沿岸諸港と、下関・瀬戸内海を経由して大阪を往来する西回り航路の廻船(商船)のことです。
日本経済を支える大動脈として、米や海産物、酒、衣類、紙、塩など多種多様な商品が運搬されていました。
直江津(今町湊)は、室町時代に成立した日本最古の海洋法規集である「廻船式目」において、当時の日本で十を数えた大きな港を表わす三津七湊のうち七湊の一つに名を連ね、上杉謙信公の時代にはその財政を支える港として手厚く保護されるなど、北前船の就航以前から大きな後背地を持つ商業港として栄えていました。
北前船が就航した江戸時代には、高田藩の外港として、西回り航路の寄港地に位置付けられ、各地の港から運ばれてきた塩や砂糖、茶、塩魚、染料である藍玉、焼き物、着物等を城下町高田や頸城郡内、信濃へ運び出すための受入港として、また、高田平野や周辺の山間部と信濃の産物である米や大豆、小豆、麦等の積出港としても賑わい、この地域の発展を支えました。